未成年者でも脱毛できる?未成年者のヒゲ脱毛の注意点

高校生などの未成年者でも、自分のヒゲに悩んでいることは多いです。
ヒゲ脱毛は未成年者でも施術を受けることができます。
しかし、未成年者のヒゲ脱毛時には注意点があり、以下に説明していきます。

脱毛後にヒゲが生えることがある。

一般に、ヒゲに関わる男性ホルモンの分泌は17~20歳がピークとなり、その後の20~25歳で男性の身体が完成していきます。つまり、未成年者の場合、今後ひげが濃くなっていくのが普通です。
自身のヒゲにコンプレックスがあり、未成年のうちにヒゲ脱毛を受けた場合、その後、違う場所からヒゲが生える可能性が十分にあります。そのような場合、再びヒゲ脱毛の施術を受ける必要性が生じるため、結果的に時間も費用も倍以上かかることになります。

脱毛には保護者の同意が必要

脱毛施術に関しては、医院で行う場合は、レーザー脱毛は医療行為であり、保護者の同意が必要となります。また、エステサロンで脱毛を行う場合は、相手側と契約を行うことになるので、同様に保護者の同意やサインが必要になります。カウンセリングや脱毛体験の際にも、保護者の同意を求めるサロンもあるので、未成年者の場合は事前に保護者に説明して、理解と了解を得る必要があるでしょう。

未成年者でヒゲ脱毛を受けるかどうかはは、これらの事項を把握した上で、判断する必要があると言えます。