痛くて諦める人もいるヒゲ脱毛の痛みは?

永久脱毛には、皮膚に針を刺したり、レーザーや光を当てるので、痛みを伴います。
以下にそれぞれの脱毛法別の痛みについて説明します。

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛は、針で1本1本の毛に処理を行っていくので、強い痛みを伴います。
レーザーやフラッシュ脱毛と違う点はヒゲの毛質や太さに関わらず、痛みは同様です。しかし、脱毛の処理数が1本ずつとなるため、ヒゲの数が多い人は、それだけ処理にも時間がかかるので、より痛みを感じることになります。ニードル脱毛の痛みについて「手に脂汗を握るような痛み」「我慢できない痛み」といった言葉で表現されることがあります。

レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛の痛みはよく輪ゴムを強くはじいた様な痛みと言われます。しかし、ヒゲ脱毛の場合は、ヒゲ自体が他のムダ毛と比べて、太くてしっかりしているので、施術にはさらに痛みが伴います。
しかし、レーザー脱毛は医療行為であり、医院で行うので、麻酔を使用してくれるところもあります。その場合は施術間は無痛で過ごせるでしょう。

フラッシュ脱毛の痛み

一般に、三つの脱毛法の中で、最も痛みが少ないと言われているのが光脱毛です。それは、レーザー脱毛より低い出力で脱毛を行うためです。しかし、ヒゲ脱毛は毛質が濃く、太いので、その他の部位と比較して、痛みは強く感じます。