脱毛サロンに通う間隔はどれくらい

ニードル脱毛も、レーザーまたはフラッシュ脱毛も、毛周期に合わせて脱毛を行っていきます。

脱毛と関わりのある「毛周期」とは?

毛周期とは、毛の再生サイクルことで、成長期、退行期、休止期の三つに分かれています。永久脱毛は成長期の毛のみに効果的であり、そのために何か月おきに脱毛施術を行っていく必要があるのです。ちなみに、成長期の毛は、表面に生えている毛の3分の1の割合であり、一回目の脱毛で成長期の毛を全て脱毛できれば、3分の1の毛が減ることになるので、施術が進むにつれ、減毛を実感できます。しかし、その事で後半の施術において、脱毛効果を感じにくくなってしまう人もいるようです。

ニードル脱毛の施術の周期

一回の施術でヒゲの生えている部分を処理するのが難しいのがニードル脱毛です。毛を間引きするように顔の下全体を脱毛しいく場合は一回のクールが開始した時、こまめにエステサロンへ通う必要があります。また、部位別に脱毛していく場合は、一月めが鼻の下と頬、二月めが顎と顎の下など毎月交互に行っていくこともできます。

レーザー脱毛の施術の周期

レーザー脱毛の場合、大体1カ月半から2カ月の施術を繰り返していくことが一般的です。
また、施術が進むにつれ、ヒゲが少なくなったり、毛の毛周期自体が長くなる場合があります。そのような場合は、医師の指示に従い、次の施術までの期間を長めにとり、ヒゲが生えそろったところで、施術を受けると効果的です。

フラッシュ脱毛の施術の周期

フラッシュ脱毛の場合は常に2~3カ月おきに施術を繰り返すのが一般的です。施術が進むにつれ、毛の量が減り、毛が細くなることがあります。細くなった毛は、フラッシュ脱毛では反応せず、再び生えてくることもあります。