脱毛サロンに通う間隔はどれくらい

ニードル脱毛も、レーザーまたはフラッシュ脱毛も、毛周期に合わせて脱毛を行っていきます。

脱毛と関わりのある「毛周期」とは?

毛周期とは、毛の再生サイクルことで、成長期、退行期、休止期の三つに分かれています。永久脱毛は成長期の毛のみに効果的であり、そのために何か月おきに脱毛施術を行っていく必要があるのです。ちなみに、成長期の毛は、表面に生えている毛の3分の1の割合であり、一回目の脱毛で成長期の毛を全て脱毛できれば、3分の1の毛が減ることになるので、施術が進むにつれ、減毛を実感できます。しかし、その事で後半の施術において、脱毛効果を感じにくくなってしまう人もいるようです。

ニードル脱毛の施術の周期

一回の施術でヒゲの生えている部分を処理するのが難しいのがニードル脱毛です。毛を間引きするように顔の下全体を脱毛しいく場合は一回のクールが開始した時、こまめにエステサロンへ通う必要があります。また、部位別に脱毛していく場合は、一月めが鼻の下と頬、二月めが顎と顎の下など毎月交互に行っていくこともできます。

レーザー脱毛の施術の周期

レーザー脱毛の場合、大体1カ月半から2カ月の施術を繰り返していくことが一般的です。
また、施術が進むにつれ、ヒゲが少なくなったり、毛の毛周期自体が長くなる場合があります。そのような場合は、医師の指示に従い、次の施術までの期間を長めにとり、ヒゲが生えそろったところで、施術を受けると効果的です。

フラッシュ脱毛の施術の周期

フラッシュ脱毛の場合は常に2~3カ月おきに施術を繰り返すのが一般的です。施術が進むにつれ、毛の量が減り、毛が細くなることがあります。細くなった毛は、フラッシュ脱毛では反応せず、再び生えてくることもあります。

ひげ脱毛後は肌荒れするのか?ニードル、レーザー、フラッシュ、それぞれの肌トラブル

肌の敏感な方にとって脱毛後、気になるのが肌トラブルです。
以下に、脱毛法別の肌荒れやアフターケアについて説明していきます。

(1)ニードル脱毛の場合

一本一本の毛の処理に、電気針を指して脱毛していくのが、ニードル脱毛です。そのため、脱毛処理後はには皮膚に赤いプツプツとしたものができ、色素沈着が残る場合もあります。クリニックの場合は、薬が処方されますが、エステサロンの場合は、高価格のケア商品の購入を勧められてしまうことが多いようです。

(2)レーザー脱毛の場合

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比較して、高い出力のレーザーを使用し、脱毛を行うので、顔など肌の敏感な場所への施術は、肌の赤みや火照りが生じる軽い火傷のような状態になることがあります。そのため、施術前にはクーリングが行われます。
しかし、レーザー脱毛はクリニックで医師の元で行われるので、その後の肌トラブルが生じた際は、薬が処方され、適切なケアを受けられるので安心です。

(3)フラッシュ脱毛の場合

フラッシュ脱毛は、レーザーより弱い出力で行われますが、レーザー脱毛と同様に、施術前後にクーリングを行います。肌に重要なトラブルが起きた際は、エステサロンでは手当を行うことができないので、医師へ受診する必要があります。
また、過去に顔にヒゲ脱毛を行って、患者に火傷を負わせてしまい、検挙されたサロンもあります。また、そういったところでは二次被害を防ぐために、ヒゲ脱毛を実施していない所もあります。

ヒゲ脱毛後は二度と生えなくなるのか?

一般にレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、医院やエステサロンで「永久脱毛」と謳っていても、数年後に再び毛が生えてくることがあります。
以下にそれぞれの脱毛に関して、どの程度なのか説明します。

(1)レーザー脱毛

レーザー脱毛は、数年後を目安に毛が生えることがあります。生えてくる毛は、産毛だったり、毛の数も数本だったりするケースが多いようです。そのため、再び毛が生えても、ヒゲの自己処理は楽であると言えます。
なお、再び生えた毛が生えてきた場合は、無料で施術を行ったり、従来の施術費用より安く施術を行ってくれる医院もあります。アフターフォローについては、事前にインターネットで調べたり、医院へ直接電話などで聞いてみるとよいでしょう。

(2)フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛も数年後に毛が生えてくることがあります。またその頻度は、レーザー脱毛と比べて多いとされていて、「数年後に元通りになってしまった」という方もいます。元通りとは言わずとも、元の毛より細めのヒゲが生えてくることが多いようです。
再び生えてきた毛に対しては、エステサロンで新たに施術を申し込み、契約する必要があります。
また、フラッシュ脱毛は施術が進むにすれ、毛根を破壊しきれなかった毛が完全に抜けずに、毛が細くなっていきます。

知らなかった!永久脱毛はニードル脱毛だけでも書いているように、永久に脱毛したいならニードル脱毛しかありません。

※毛の再生に関しては、個人の生活習慣やホルモンの状況により異なります。

知らなかった!永久脱毛はニードル脱毛だけ

永久脱毛には、ニードル脱毛、レーザーや光脱毛がありますが、注意しなければならない点があります。それは唯一、本当の意味で永久脱毛をできるのがニードル脱毛だけという点です。
以下に、永久脱毛についての定義や、ニードル脱毛のメリット、デメリットについて説明します。

(1)そもそも永久脱毛とは?

FDA(アメリカ厚生省食品医薬品局)では、「脱毛処理後、半年間での毛の量が処理前と比較して25%以下となるもの」を、永久脱毛の定義としています。そのため、数年後に毛が生えてしまうレーザー脱毛や光脱毛でも、上記の条件を満たせば、堂々と「永久脱毛」と名乗れることになるのです。

(2)ニードル脱毛について

メリットは?
ニードル脱毛のメリットは世界に存在する唯一の永久脱毛法であることです。他のレーザー脱毛とお同じように毛周期に合わせた施術が必要となりますが、施術を受けた箇所からヒゲが生えてくることは二度とありません。

デメリットは?
唯一の永久脱毛を誇るニードル脱毛ですが、そのデメリットは施術時の痛みです。針を直接皮膚刺して、毛根を焼却していくので、相応の痛みが伴います。施術を受けた人の中には、あまりにも痛さに途中挫折してしまう人もいるほどです。
また、施術も、1本1本処理していく形になるので、一度に広範囲に脱毛が行えるレーザーや光脱毛と比較して、施術に時間がかかります。また費用も、同じエステサロンの脱毛であるフラッシュ脱毛と比較して、料金が高めに設定してあるところが多いようです。

サロンやクリックによって違う脱毛の種類!ニードル、レーザー、フラッシュのメリットとデメリット

最近になって、クリニックやエステサロンでヒゲの永久脱毛を受ける男性が増えてきました。
しかし、脱毛方法にもいくつか種類があって、どの脱毛方法が自分に適しているか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
以下に、主な脱毛法とそれぞれの特徴について述べていきます。

(1)ニードル脱毛

ニードル脱毛はエステサロンと一部の医療機関にて行われます。方法は、肌に直接針を刺して、毛根を焼くことで、永久脱毛を行っていきます。

ニードル脱毛のメリット
ニードル脱毛は唯一の永久脱毛法と言われています。一本一本確実に毛根を破壊することで、処理した部分の毛が二度と生えてくることはありません。ニードル脱毛は他の脱毛法と違って、白いヒゲなど色素のないヒゲにも処理を行うことができます。また、一本ずつ毛を処理するので、自分の好きなデザインのヒゲにすることもできます。

ニードル脱毛のデメリット
ニードル脱毛のデメリットは施術時の痛みと施術時間の長いということが挙げられます。また、費用も同じエステサロンの施術であるフラッシュ脱毛と比べて、高めとなっています。
また、エステサロンで行われているニードル脱毛は、資格のないエスティシャンが施術を行うことになります。施術の針が使用されており、肝炎やAIDsなどの感染リスクの可能性も否定できません。

ニードル脱毛はこんな方におすすめ▼

痛みが強く、料金が高いのが気にならない方で、完璧な永久脱毛を行いたい方また、自分のヒゲをおしゃれにデザインしたい方ににおススメの脱毛法です。

(2)レーザー脱毛


レーザー脱毛は、医師により行われる医療行為の一つで、クリニックなどの医院のみで行われます。
以下に、レーザー脱毛のメリットやデメリットなどについて説明します。

レーザー脱毛のメリット
ニードル脱毛と比較して、広範囲に脱毛施術が行えるので、短時間で施術を終えることができます。
また脱毛後、肌にトラブルが生じた場合も、すぐに医師に対応してもらえるので安心です。痛みがある際も、麻薬を使用してくれる医院もあるので、そのようなケースは無痛で施術を受けることができます。

レーザー脱毛のデメリット
保険診療ではなく自由診療となるため、料金もエステサロンのフラッシュ脱毛に比べて高めに設定しているところが多いです。数年後、処理したところから、再び毛が生えてくることがあります。

レーザー脱毛はこんな方におすすめ▼

ニードル脱毛ほどの痛みは我慢できないけど、レーザー脱毛の痛みには耐えられる方。医院やクリニックなどの医療機関で、安心して施術を受けたい方にお勧めの脱毛法です。

(3)フラッシュ脱毛

エステサロンで行われており、1年中キャンペーンが行われており、多くの人が耳するのがフラッシュ脱毛です。以下にそのメリットやデメリットなどについて説明します。

フラッシュ脱毛のメリット
フラッシュ脱毛はニードル脱毛と比較して、一度の毛の処理数が多く、また、レーザー脱毛より低出力で行われるため、痛みが少ないとされています。脱毛自体の料金はその他の二つの脱毛法と比較して、安価に設定されており、初心者でも気軽に始められる脱毛だと言えます。

フラッシュ脱毛のデメリット
フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛と違って、産毛なので細い毛には反応しにくいです。
また施術後にケア用品の購入が必要となったりすることがあります。処理した毛が数年後に再び生えてくることもあり、その際にはお金を払って、もう一度施術を受けなければいけません。
また、エステサロンで行う脱毛法なので、肌にトラブルが生じた場合は、自身で病院へ受診する必要があります。

フラッシュ脱毛はこんな方におすすめ▼

とりあえあず、ヒゲ脱毛を行いたい方。青ヒゲに悩んでいて、ひげ自体薄くなればいいという方。