脱毛期間中は日焼けしていけない理由!

夏にうっかり日焼けしてしまった、ヒゲ脱毛したいけどできるのか?
残念ながら、脱毛法によっては日焼けしている場合、脱毛施術を受けられない場合があります。
以下に脱毛法別の、日焼け時の医院やエステサロンの対応について見ていきます。

ニードル脱毛の日焼してはいけない理由

ニードル脱毛は日焼けした肌にも、脱毛を行うことができます。しかし、日焼けした部位は軽い火傷の状態であり、ニードル脱毛をする際には、針に電気を通すことにより毛穴部分が火傷した状態になります。脱毛後は赤いプツプツとしたものが出ることがあるので、肌トラブルを防ぐためにも日焼けは控えた方が安心かもしれません。

レーザー脱毛の日焼してはいけない理由

レーザー脱毛はメラニン色素に反応して作用するものです。反応する色素はヒゲだけでなく、肌のメラニン色素にも反応します。レーザーの種類によっては、日焼けした肌にも使用できるものもありますが、多くの医院で、施術後の肌トラブルを防ぐために、日焼けした肌には施術を実施しない医院が多いようです。日焼けしている場合は、肌が元に戻るまで、半年程度待つ必要があります。

フラッシュ脱毛の日焼してはいけない理由

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛と同様に、脱毛部位が日焼けしている場合は施術を受けられない可能性があります。日焼けした肌にもメラニンが存在するので、光を当てた時に、光が分散されてしまい、脱毛効果が薄くなることがあります。また、日焼けした肌は乾燥しているので、痛みを感じやすかったり、肌の負担になることがあります。

毛抜きでヒゲを抜いている場合は脱毛できない!毛抜きと脱毛の関係

自分のヒゲ処理を行っている人は、脱毛施術を行っていても、十分な成果を感じられないことがあります。以下に脱毛法別のその理由を挙げていきます。

毛抜きで抜いている人はニードル脱毛できない

ニードル脱毛は毛のある毛穴に針をさすことで、脱毛を行っていきます。毛抜きで自己処理を行うと、針をさすべき場所に毛がないため、脱毛自体を行うことができません。

毛抜きで処理している人はレーザー脱毛、フラッシュ脱毛でも効果が得られない

この二つの脱毛は毛の黒色色素であるメラニンに反応し脱毛を行います。これらの毛に吸収されたレーザーなどの高熱によって、毛根が破壊されることで、脱毛効果が得られます。毛抜きで毛の自己処理をした場合、毛根ごと毛が抜けてしまうので、次回また毛が生えてくることになります。

以上のことからニードル脱毛、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の、いずれの脱毛方法においても、施術前に毛抜きで自己処理を行うと、十分な脱毛効果が得られないことが分かりました。
もし、上記のことを知らずに毛抜きで自己処理を行ってしまった方は、毛の生えかわる時期、少なくとも一か月から一か月半程度待ってから、脱毛施術に臨みましょう。また、その間は、カミソリや電子シェバーで、ヒゲの自己処理をする必要があります。